アフィリエイトの始め方と稼ぐためのノウハウ

検索にヒットするためにGoogleにサイトを認識させる

サイトを作成したら次は検索エンジンにサイトを認識させます。
どんなに良いサイトを作っても検索結果にヒットしなければ誰も知ることができません。

 

ただ、レンタルサーバーにあげて公開しても検索エンジンは認識してくれません。
他のサイトから被リンクを作れば、いつかはクローラが来て認識してくれますが、そんな方法ではなく確実にすぐ認識させるべきです。
今回はGoogleにサイトを認識させる方法について説明していきます。

 

Google Search Consoleを使ってサイトを認識させる

グーグルアカウントでGoogle Search Consoleにログインします。
次にプロパティの追加から自身のサイトを登録しましょう。

 

自身のサイトを検索エンジンにインデックスさせるには2つ方法があります。
サイトマップを送信する方法と
Fetch as Googleを使用する方法です。

 

サイトマップを送信する方法は、Search Consoleにログインしてホームページを選択し
左の クロール→サイトマップから、サイトマップの追加/テストを押して実行します。

 

Fetch as Googleを使う方法は、Search Consoleにログインしてホームページを選択し
左の クロール→Fetch as Googleを選択し取得を押します。
その後インデックスに送信を押し、前ページのクロールリクエストをする場合は「このURLと直接リンクをクロールする」にチェックを入れて送信を押します。
1つのページのみクロールしてほしい場合は「このURLのみをクロールする」にチェックを入れて送信を押します。
これでクロールリクエストが送られるので、数日中にはクロールされるでしょう。

 

もう1つグーグルにサイトを認識させる方法があります。
上でも書きましたが、他のサイトから被リンクを得て、リンク元のサイトがクロールされるときに、そこからリンクを辿ってクロールされるというものです。
こちらはいつクロールされるか不定期なのでオススメはできません。

 

上の2つの方法であれば早くて数分後にはページがインデックスされます。
新しい記事を書いた時や重要な記事を書いたときなどにもクロールをリクエストしましょう。

 

以上の方法で公開したサイトをグーグルに認識されることができます。
次に、自身のサイトがグーグルに認識されているか確認する方法を紹介します。

 

サイトがグーグルに認識されているか確認する

グーグルの検索ボックスに「site:○○」と入力して検索します。○○は自分のサイトのURLです。
すると、インデックスされている場合はサイトの各ページが表示されます。

 

クロールされた順番に並んでいるので、検索結果の下位に表示されているページは表示回数が少なくクロール頻度も低いということです。

 

これでグーグルの検索結果にもヒットするようになり、全世界に向けてあなたのサイトが公開ました。
検索結果で上位をとるにはどんなに良くできたサイトでも数ヶ月はかかるとみて良いですが、後はサイトが成長するのを待つばかりです。
どんどんコンテンツを増やして、強いサイトにしていきましょう。