株式投資について学び、早期資産形成に役立てる

株取引を始める前の準備

株取り引きを始めるために必要なこと

 

株取引を始める準備として最初にメールアドレスを取得しましょう。
証券会社から様々な情報が送られてくるので必要となります。
オススメはヤフーメールです。

 

次に、証券口座を開口しましょう。
株の売買は証券口座を通して行います。
株の売買はネット証券から自分でやる方法と、銀行や証券会社の窓口を通して行う方法があります。
手数料が安く、スピーディーで自宅やスマホからも売買ができるネット証券を利用しましょう。
ネット証券は申し込みから一週間程度で開口できます。
証券会社ごとに取引にかかる手数料や、投資先の会社の選定するためのツールなどのサービスが異なります。
私もここで紹介しているすべての証券会社を開口しています。
初めのころは恐らくメインとなる証券会社が3社ほどで、残りはサービスを利用するだけになると思います。
口座開口手続きはネット上から申し込みをします。
そうすると書類が郵送で送られてくるので必要事項を記載し返送します。(返送封筒も入っています)
ネットで申し込みをして書類が送られてくるまでの間に必要書類のコピーを用意しておきましょう。
免許書や保険証のコピーです。証券会社によって異なるので確認し必要数用意します。
※写真をネットにアップロードするだけでOKの証券会社もあります。
多少手間のかかる作業ですのでこの機会に一気に済ましておきましょう。
当サイトから口座開設することで期間限定で現金プレゼントキャンペーンもあるのでお見逃しなく!
私はメイン証券口座としてSBI証券、マネックス証券、GMOクリック証券を利用しています。

オススメの証券口座をざっとあげると以下のようになります。

 

SBI証券 人気ナンバー1のネット証券です。人気があるだけの理由はあります。投資情報が豊富でツールも高品質です。
マネックス証券 米国株に投資したいと考えている人には必須のネット証券です。各口座を一覧で確認できる資産管理のツールが非常に便利です。当サイトから口座開設すると期間限定で現金プレゼント実施中です。
GMOクリック証券 非常に人気のネット証券で、手数料が業界でも最安値水準です。分析ツールが非常に優れていて、重宝しています。
ライブスター証券 こちらもGMOクリック証券と並んで手数料が安いので有名です。取引のスタイルによってGMOクリック証券と使い分けると良いでしょう。
カブドットコム証券 三菱UFJファイナンシャルグループのカブドットコム証券です。「知識ゼロの投資初心者が勝ち組になれる」というキャッチコピーがあり、セミナーが毎日開催されています。チャートに強みがあります。
楽天証券 投資情報がネット証券でダントツナンバー1で人気を集めています。楽天の会員であれば30秒で申し込みが完了するスピーディーさも良いですね。
松井証券 デイトレーダーから絶大な支持を得ている一日信用取引があります。1日の取引額が10万円以下なら手数料無料で、初心者が少額から始める際に利用しやすい証券会社です。

 

 

 

1つ気を付けてほしいことがあります。
それは
源泉徴収あり or 源泉徴収なし

特定口座 or 一般口座
という組み合わせについてです。

 

初心者は源泉徴収ありの特定口座で間違いありません。
一般口座とは銀行口座のことで特定口座とは資産運用専用の口座と考えて問題ありません。
源泉徴収ありとなしについてですが、利益の出方によってどちらがお得か変化します。
そもそもサラリーマンの副業では年20万円までなら税金がかかりません。
源泉徴収なしの特定口座にした場合、年間で20万円を超える利益を出した場合に自分で確定申告に行く必要が出てきます。
年間の利益が20万円以下であれば何もしなくて大丈夫です。
逆に源泉徴収ありの特定口座の場合は、儲けの額に関わらず利益が出る度にかかるであろう税金分を利益から差し引かれます。
つまり、年間利益が20万円以下の場合は損してしまうということです。
少しでも節約したい人は源泉徴収なしの特定口座でも問題ないですが、確定申告の必要がいずれ出てくることを覚えておきましょう。
始めの頃は年間利益が20万円に達しない人もいると思いますが、源泉徴収ありの特定口座にしておけば将来かかる手間を省くことができます。
以上のことから、源泉徴収ありの特定口座で問題ないです。

 

後は書類を返送して開口まで待つだけです。
その間に株についての勉強をしましょう。