サラリーマン卒業を決意した社畜がゼロから資産形成をした方法

割安感を表すPERとPBRについて

PERとは

PERとは株価収益率のことです。
株価収益率とは時価総額/純利益で求められます。
株価/1株当たりの利益でも求めることができます。
株価と利益の関係を示していて株価の割安度を測れます。

 

例えば時価総額が10億円で純利益が1億円の場合、PERは10倍となります。
時価総額が10億円であり純利益の10倍買われています。
これは投資した金額が10年で回収できる見込みであることを示しています。
なぜなら利益を分配したものが株主の取り分だからです。

 

一概には言えませんが、PER15倍以下のものが割安だといえるでしょう。

 

PBRとは

PBRとは株価純資産倍率のことです。
株価純資産倍率とは株価/1株当たりの純資産額で求められます。
株価と純資産の関係を示していて株価の割安度を測れます。

 

市場評価された時価総額が解散価値である純資産の何倍であるかを表します。
PBRが1倍以下の企業は非常に割安だと言えます。
なぜなら、企業が解散した場合株主が儲かるということを表しているからです。
実際はPBRが1倍を下回ることはあまりありません。

 

PERとPBRを使用する際に注意したいこと

PERとPBRはどちらも株価の割安度を測る指標だということがわかったと思います。
どちらも同じ割安度を表していますが、性質が異なります。
PERは業界によって大きく異なるので、利用する際は数値を見るだけでなく、業界の平均をまず調べなければ役に立ちません。
PBRは時価総額の純資産を元に評価されます。つまり、経年劣化していく資産も入手したばかりで最高額で計算されている可能性があり、PBRを見ただけでは本当に割安かどうかは測れない場合があります。

 

投資する企業を選ぶための指標をまだまだ説明していきますが、大切なのはいろいろな情報を正しく複合して使っていくことです。
決して1つの指標だけで早合点して投資するのはやめましょう。