サラリーマン卒業を決意した社畜がゼロから資産形成をした方法

企業の経営効率を表すROEとROICについて

ROEとは

ROEとは株主資本利益率のことです。
ROEはEPS(1株当たり利益)/BPS(1株当たり純資産)で求められます。
また、当期純利益/当期純資本でも求めることができます。
企業の自己資本に対する利益の割合で、企業が投下した資本に対する利益を表します。

 

数値が高いほど効率的に利益を上げていることを示しており、効率良く企業が経営されています。

 

ROICとは

ROICとは投下資本利益率のことです。
ROICはNOPLAT(税引き後営業利益)/投下資本(IC)で求められます。
企業が本業の事業活動に投資だ資金でどれだけ効率的に利益を上げているかを表しています。
純利益ではなく、営業利益で計算している点が重要です。
本業でどれだけ利益を上げているかというところに重点を置いた指標です。

 

 

効率的に利益を上げている継続的な企業を投資先に選ぶ

このページで紹介したROEとROICはどちらも利益率を表したものです。
効率的な経営をしている企業を投資先に選ぶ場合は重要な指標となるでしょう。