サラリーマン卒業を決意した社畜がゼロから資産形成をした方法

投資家のバイブルと呼ばれる四季報を読んでみる

四季報について紹介します。
長期投資を行う人は参考にしている人も多いと思います。

 

四季報は1年に4回3月、6月、9月、12月に発刊されます。
季節ごとに刊行されるので四季報ですね。

 

四季報には企業の近況が載っています。
最新の財務諸表や、ライターのレポートも掲載されています。

 

最初にどのような事業を展開しているか説明があります。

 

次に記者が取材で得た内容の記事があります。
ここには企業の経営状態が載っています。
状態の良い企業だと、「増益、最高益、大幅増益、上方修正」などのポジティブなワードが載っています。
逆に経営がイマイチの企業だと「減益、続落、下方修正」などのネガティブなワードが載っています。

 

次に株式に関する情報が載っています。
株の総数や株価などがわかります。

 

次に財務や指標などが載っています。
企業の健全性や、経営効率などを知れます。

 

次に業績が載っています。
業績は「予」と書いているところが記者の独自予想で「会・予」と書いてるところが企業の予測です。
企業は達成できるように弱気な数字になることが多いので、記者の予想と少しずれが生じます。

 

次に配当です。
配当ができるということは十分に稼げていて資金力があるということです。
こちらもチェックしておきたいですね。
ただし、配当が多いから良い企業というわけではありません。
成長企業の場合、配当よりも事業拡大に資金を使う場合もあるからです。
配当はなくても株価の上昇による含み益がで儲けられるパターンもあります。

 

 

以上が四季報の中身です。
四季報と言われるとなんとなくハードルが高いように感じるかも知れませんが、見てみると難しくはありません。
難しい用語も出てこないので、十分解読できると思います。

 

情報があるほど良いのが株式投資です。
四季報も活かしていきましょう。