株式投資について学び、早期資産形成に役立てる

これを知ってるだけで勝てる?!株価チャートの見方!

株で最初にイメージするチャートについて

株といわれて最初にイメージするのがギザギザした株価のチャートだと思います。
↓こういうやつです。
株価チャート

 

 

今回はこの株価チャートの読み方について説明します。
このページ以降の情報は四季報や、インターネット証券会社のサービスから簡単にみることができます。
自分が気に入ったメイン口座のあるネット証券を使い倒して使い方を覚えてください。

 

陽線と陰線、上ひげと下ひげ

株には始値と終値があります。
株式市場では1日ごとに1日の最初の株価を始値、最後の株価を終値と言います。
図で並んでいる白と青に塗りつぶされた四角がその日の株価の動きを示しています。
陽線とは始値よりも終値が高いときに現れる線です。図では白い線で、四角の下が始値で、上が終値です。
陰線とは、陽線とは逆に始値よりも終値が低いときに現れる線です。図では青い線で、四角の上が始値で、下が終値です。
当然、陰線の場合株価は上昇傾向にあり、陰線の場合は下降傾向にあります。

 

次にひげについて説明します。
上ひげと下ひげというものがあります。
陽線や陰線から上や下に出ている線のことです。
単純ですが、上に長ければ上ひげです。
ひげはその日の最高値、もしくは最低値を表します。

 

上ひげと下ひげの2パターン×陽線と陰線の2パターン→合計4パターンの線でチャートは構成されています。
上ひげの陽線は勢いはないが上昇気味。
下ひげの陽線は上昇中の株。
上ひげの陰線は下降中の株。
下ひげの陰線は勢いは弱いが下降気味。

 

という具合に株価を示す線の種類から株価の勢いや気配を読み取ります。

 

株の買い時と売り時は?ゴールデンクロスとデッドクロス

株価のチャートには移動平均線を表示できるものがほとんどです。
この移動平均線の短期移動平均線が長期移動平均線を下から上へ突き抜けた状態がゴールデンクロスと言われ株価上昇のサインです。
逆に、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下へ突き抜けた状態がデッドクロスと言われ株価の下落サインです。

 

株価が上げ相場の時であればゴールデンクロスが出た株を買うだけでも十分利益を出していくことができると思います。
しかし、そこに初心者が陥りやすい罠があります。
株の上級者がゴールデンクロスが出る前に仕込んでいた株がゴールデンクロスを出した場合、初心者の買いが集中し株価が一時的に上がります。
そうすると買いが集中した、そこが最高値になる場合があります。
資金力がある上級者はそのタイミングで儲けを確定します。
するとそこで何が起こるかというと、資金力のある上級者が株を売り気配にしてしまいます。
結果としてゴールデンクロスで上がると思われた株価はそこが最高値となりその後株価は下落していくのです。

 

以上のことから、ゴールデンクロスは株価の勢いを表す重要な視点ですがゴールデンクロスのみを頼りに売買を行うと失敗する場合があるということです。
ではどうすれば株で勝っていけるのかというと、それには他の指標も併せて使っていく必要があります。
それは企業の情報です。四季報や証券会社のサービスで知ることができます。
株価や板の気配だけでなく、企業の持っている力にも注目しましょう。
次ページでは会社についての情報の読み方を説明していきます。