お金に関するコラム。資産形成のために必要なお金に関する知識と常識

5年で1000万円の貯金は可能か?!

結論から言います。
可能です!!!自分に合ったやり方でどんどんお金をためていきましょう!

 

5年で1000万円年貯めるために必要なこと

1000万円貯めるにはいくつか方法がありますが、前提として生活水準を上げないことが大切です。
100万~500万程度のお金を手にしたら自動車や高級な家具を買いたい衝動に駆られることになるでしょう。
しかし、ぐっとその衝動を堪え目標に向かって貯金に励みましょう。

 

複利計算のパワーを知り利用する

5年間で1000万円貯めるなら単純に毎月11万以上の貯金を行い、ボーナスに手をつけなければ実現できます。
実家暮らしである程度の収入がある人はリスクを取らずにこの方法で1000万円の貯金を目指すことができます。
しかし毎月11万円も捻出できるなら誰も困りません。
毎月11万円の貯金ができる人は恐らくこのサイトをくまなく目を通したりしないでしょう。
きっと生活に満足していて、今の環境を打破してセミリタイアを目指したりしていないからです。

 

本題に入ります。
私が推奨するのは毎月4万円と昇給分、ボーナスのすべてを貯金し、株式投資でプラス3割の成績を出すという方法です。
どうですか?毎月4万円なら何とか捻出できますよね?毎月11万円以上貯金するよりはずっとリアリティが増したと思いませんか?
この計算では株式投資の利益も想定に入っているので、実際はもっと早く1000万円を実現できるかも知れません。
もちろん、元割れのリスクもあるので本人の手腕次第という部分がありますが。
株投資では毎年投資額を倍近く増やしている人もたくさんいます。
特に今は景気が上向きで絶好のチャンスです!!

 

この図は毎月4万円を貯金し、毎年5千円昇給し昇給分も貯金、ボーナスは年間60万円で毎年3%上がり、それを年間+30%で運用するというものです。

 

複利

 

 

どうですか?
単純に貯金した場合と運用した場合では5年間で400万円近く差が開きました。これが複利の力です。
複利とは、簡単に言うと儲けた分も投資に充てるということです。たったそれだけでこの差が生まれます。

 

注目すべきは13年後

13年後には1億円を突破しています。
単純計算ですが、13年頑張れば1億円の資産を築くことができます。
これが何を意味するかというと、少なくとも13年の努力で余裕でセミリタイアが視野に入ってくるということです。
また、考え方を変えると、13年後以降に稼ぐお金はすべて遊ぶための資金だといえます。
そう考えると仕事へのモチベーションも上がりそうですね。