サラリーマン卒業を決意した社畜がゼロから資産形成をした方法

通信費を見直そう

固定的な支出の1つに通信費があると思います。

 

スマホに毎月7千円以上払っている人が多いと思います。
au、docomo、ソフトバンク、いずれもパケ放題をつければ最低でも7千円程度かかるように設定されています。

 

さらに、そこにスマホの端末代が上乗せされます。
通話料と合わせて1万円以上払っている人も多いと思います。

 

かけ放題プランが出そろったことで通話料は抑えられるようになった人もいると思いますが、それでもまだまだ3大キャリアの携帯代は高いです。

 

そこで、今話題のMVNOが提供する格安SIMの利用を検討してみましょう。

 

 

格安SIMの導入を検討してみる

3大キャリアでスマホを契約している場合 安く見積もっても月8千円くらいが相場でしょう。
格安SIMの場合は平均して月1500円程度です。
1500円というのは月3GBまでの高速通信LTEが可能で、音声通話付きの場合です。
留守電などのオプションはだいたい300円くらいでつけられるので、2千円程度で毎月運用できるでしょう。
もちろん、番号そのままで格安SIMに乗り換えられます。
携帯代金が簡単に4分の1にできるということです。

 

初期費用は現在使用している会社と、乗り換える会社により多少変わりますが、端末代の除けば1万円もかからないでしょう。
毎月割の更新月でなければプラス約1万円、端末が分割購入ならプラス端末代残金が一括請求されるので注意しましょう。

 

 

格安SIMを提供している各社の紹介の前に軽く、SIMについて説明します。

 

日本国内では大まかにau系の電波とdocomo系の電波が利用できます。
もっとわかりやすくいうと、auが特殊で、au系と、その他(すべてdocomo)と考えると良いでしょう。
ソフトバンクやワイモバイルもdocomoの電波を借りているのでdocomo系です。
その他の格安SIMのMVNOもほとんどがdocomoの電波を借りています。

 

3大キャリアで売っている携帯電話の端末は、そのキャリアの電波しか利用できないようにカスタマイズされています。
これが俗にいうSIMロックです。
購入したキャリアのSIMしか使えないようにロックされているのです。
2015年5月以降、SIMロック解除が義務化され条件を満たせば簡単にSIMロック解除できるようになりまいたが、それ以前の端末はSIMロックが解除できないものもあります。
そのため、中古端末の販売を見ると、どのキャリアの端末か表記されているのです。

 

中古端末を買う時や、現在の端末を使いまわす場合はどのキャリアの電波が使えるか知っておく必要があります。
適した格安SIMを契約しなければならないからです。
現在使っている端末がdocomo系だった場合、au系のSIMを使いたい場合にSIMロック解除しておけばau系のSIMでも使えます。
※格安SIMの公式サイトに動作確認済みの端末が掲載されているので必ず確認しましょう。

 

以上から、端末とSIMには組み合わせがあり、場合によってはSIMロック解除が必要だということがわかっていただけたと思います。

 

自分に適した格安SIMを選ぶ

通話をたくさんする方は2台持ちも良いかも知れません。
3大キャリアないし、ワイモバイルで通話専用の端末を契約しデータ通信は格安SIMでするという方法です。
高速通信であっても通信専用SIMであれば800円程度からあります。
通話用端末が月2千円と通信が月1千円で合計3千円程度で運用できます。
現時点ではこの方法が最も安く高速通信とかけ放題を利用する方法だと思います。

 

端末を2台持ったり使い分けるのが面倒な人の大本命がもしもシークスです。
格安SIMで初めてかけ放題サービスを始めたのがもしもシークスです。
2015年10月現在、かけ放題がある格安SIMはもしもシークスだけです。
最安で1980円~利用でき、LTEで7GB通信できるプランでも2980円です。


 

 

ワイモバイルは3大キャリアと他の格安SIMを扱う会社の間くらいの存在ですね。
ソフトバンク傘下の会社で、店舗がたくさんあるのが特徴です。
店舗がたくさんあり、かけ放題も扱っています。
話題の端末などはありませんが、ネクサスやアクオスなどで問題ないならちょうど良いと思います。
月々の利用料も3大キャリアと格安SIMの間くらいです。
無難に済ますならちょうど良い会社です。
ソフトバンクよろしくで、店舗の対応は期待しないようにしましょう。


 

 

次にあまり通話をしない人にお勧めの格安SIMを紹介します。

 

格安SIMの大本命はOCNで間違いないでしょう。
大手の安心もあり、全国に即日発行センターもあるので大変便利です。
音声付SIMは1600円~です。音声付SIMは赤色のパッケージです。
SIM発行料が3000円かかりますが、アマゾンで購入すれば800円程度で済むのでお買い得です。
(リンクの先の公式サイトにもアマゾンへのリンクがあります)


 

 

マイネオはauの端末に対応しているSIMを扱っているのが最大の特徴です。
docomoに対応しているSIMも扱っています。
現在値引きキャンペーンを実施しています。
金額で見ると少ない値引きと思いがちですが、母数が小さいので値引き率は非常に多いと言えるでしょう。


 

 

楽天SIMはポイントが貯まるなど楽天ユーザーには嬉しいSIMです。
高額のポイントバックキャンペーンも実施しています。
セット販売端末はコスパが良いので有名はゼンフォン等があります。
音声付SIMは1250円~です。


 

 

DMMは業界最安をうたっている格安SIMです。
こちらもポイントが還元などがあり、DMMユーザーには良いjかも知れません。
セット販売にはこちらもコスパが良い、ゼンフォンやHUAWEIの端末などがあります。
前述した、2台持ちの場合、通信SIMはこちらのものを使うと圧倒的に安いでしょう。
通信容量や、速度などのニーズが一致するなら安くて使い勝手が良いでしょう。