サラリーマン卒業を決意した社畜がゼロから資産形成をした方法

マイホームについて考える

サラリーマンの夢の1つにマイホーム購入があると思います。
支払が終わったら住居費がいらないと思うと良いですよね。
マイホームは、遺産として残ることにも意味があると思います。

 

しかし本当に住居費が必要ないのでしょうか?
賃貸物件と比較して本当にトータルコストは安いのでしょうか。

 

住宅について一度考えてみましょう。

 

 

マイホームはお得なのか

マイホームは良いものだと思います。
自分の家を手に入れるのですから、非常に満足感があるでしょう。
支払いが終了すれば賃貸のように毎月の住居費が必要なくなります。
でも、家にかかるお金が本当になくなるわけではありません。

 

 

マイホームを資産と考えるか負債と考えるかの分かれ目がここにあります。

 

マイホームを投資と考えるなら、その後の資産価値に注目します。
賃貸物件にした場合に利益になるか。土地の価格上昇で売却した場合に利益になるかなどが重要になります。
親の介護などの想定して物件を購入すれば、介護費などを含めトータルで黒字になるかもしれません。

 

マイホームは一戸建ての場合、固定資産税や都市開発税、修繕費用、保険などの固定的な支出があります。
マンションの場合は固定資産税、都市開発税、修繕積立金、保険、管理費、駐車場代などが固定的な支出になります。
賃貸の場合は賃貸料、管理費、保険などとなり、税金関係はほとんど必要ありません。

 

マイホームも少なからずお金がかかるのです。
たとえ住宅ローンを完済しても住宅関連の費用はかかります。

 

マイホームを購入する場合、購入価格の2割ほどは満足感を得るためのものとなります。
なぜなら販売価格にはロイアリティがのっているからです。
購入した瞬間から2割ほど購入価格から価値が下がるのが現実です。

 

他にもマイホームを購入する際に気を付けなければいけないことがあります。
今の賃貸料でマイホームが手に入る。という売り文句をよく耳にしますが、賃貸料にボーナス払いはありません。
ローンを組む際に注意しないと後々苦労するかも知れません。
前述しましたが、ボーナスは必ず貰えるわけではないからです。
また、ローン以外に税金がかかることも要注意です。
マンションの場合は管理費や修繕費が固定額ではない点も注意が必要です。
外壁やエレベーターなど、必ず費用がかかってきますが、突発的な場合もあります。

 

一方、賃貸の場合だと、一定の賃貸料を支払えば済みます。
価格が自分に合わなくなったり、契約更新時に値上げされれば引越せば良いだけです。
天災などが来たとき、マイホームではひとたまりもない場合もあります。
賃貸であれば被害が出れた場合も引越せば済みます。
賃貸の最大のメリットは引越すことでリセットできることです。
築浅の綺麗な物件に住み続けることができます。

 

ただし、老後の収入がなくなったときや年金生活に突入したときに毎月固定的な出費は相当苦しいものです。
老後に破産する人は今、とても増えています。

 

結論は自分でだす

個人的には、将来の支出を抑えることができ、遺すことができるマイホームは非常に良いと思います。
持ち家か賃貸か、どちらが良いかの結論はありません。
個人の価値観やライフワークによるからです。

 

会社員で転勤の可能性がある人はマイホームの購入は躊躇されると思います。
町内会の付き合いが面倒な人は賃貸が良いかも知れません。

 

どちらもメリットとリスクがあります。
自身の価値観に合う方を選択してください。