お金に関するコラム。資産形成のために必要なお金に関する知識と常識

奨学金返済に苦しむみなさまへ

奨学金との付き合い方を考える

奨学金の返済って大変ですよね。大学にいかさしていただいたのですから、仕方のないことですが。
毎月1~2万円なら何とかなりますが、3万円を超えるとかなり厳しいものがありますよね。
私は妻と合わせて毎月7.5万円の返済があり、投資どころか毎月の生活が厳しくて仕方ありません。

 

そこで落ち着いて考えてほしいのですが、奨学金返済のために身を削る必要はありません。

 

うまく利用したい奨学金の制度

奨学金には毎月の返済額の減額措置と猶予措置があります。
生活にもう少しゆとりがほしい人はぜひ検討してみてください。
しかるべき審査を通れば受けることができます。
※返済金額の総額が減ることはありません。

 

 

どんな制度も使いよう?

ここで今一度、落ち着いて考えてほしいのです。(有利子の方限定ですが)
借りたお金の金利ほど高くて馬鹿ばかしいものはありません。
ならば!!!!
最長10年間の猶予を利用して、お金を毎月貯めようじゃありませんか。
そして、一括で返済すれば馬鹿みたいについていた利息のほとんどを払わずに済む!!!!

 

ただし、これは裏技みたいなものですし、うまくいく保証はありません。
10年間も経済困難を理由に猶予して続けることは中々難しいことです。

 

あくまでもそんな手段があるということを覚えておいてください。
生活を破綻さしてまで返す必要はありません。ちゃんと待ってくれますので、しかるべき方法で待ってもらいましょう。

 

また、ここで紹介したのは1つの例であり、毎月返済していくことにこしたことはありません。
ただ、いろいろな方法があるということを覚えておいてください。