お金に関するコラム。資産形成のために必要なお金に関する知識と常識

お金に関するコラム。少しでも早い資産形成のために

目指すのはお金持ちではなく、大金持ち

 

お金持ちと言うと、どのような人をイメージするでしょうか。
お金持ちの正確な定義はありませんが、お金をたくさん持っている人のことをお金持ちと呼びます。

 

貯金額が多いだけのお金持ちは日本中にたくさんいます。
しかし、お金を持っているだけでは本当に自由になることはできません。

 

本当に自由になるためには資産を築き上げる必要があるからです。
金融資産を保有することが大金持ちへの条件です。

 

金融資産をうまく保有し、運用することでお金がお金を増やします。
金融資産による収入が月々の支出を超えたとき、真の大金持ちとなれます。

 

貯金が多いだけのお金持ちではなく、お金がお金を増やす状態を作り上げている大金持ちを目指しましょう。

 

大金持ちになるためにはお金に関する知識をつける必要があります。

 

お金について学ぶ

大金持ちになるために、最初に必要なことはお金について学ぶことです。
日本の教育では大学を卒業したたとしても、経済について学べてもお金のことは学べません。
なので、日本人のほとんどがお金について知識がなく、お金のために働いてお金に使われて人生を終えていきます。

 

日本人はお金についてもっと学ぶべきなのです。
書籍でも専門学校でもセミナーでもなんでも良いです。
まずはお金について学びましょう。
私は最初の一歩として、お金の教養講座を受講することをお勧めします。
はやり何かについて知るにはプロに学ぶことが一番の近道です。
お金の教養講座とはファイナンシャルアカデミーが行っている講座です。
ファイナンシャルアカデミーとは、お金に関する教育を日本で唯一行っている教育機関です。

 

初期投資としては安すぎるくらいですが、お金の基本的なことが学べます。
ファイナンシャルアカデミーとは、お金に関する教育を日本で唯一行っている教育機関です。
インターネット上にあふれている信憑性の低い情報教材を買うくらいなら、ここでお金や投資について学ぶことをお勧めします。
私も受講しましたが、納得のいく内容でした。
価格も一般の書籍を買うより安いくらいなので気軽に受けられると思います。

 

お金を増やす、守る

お金について学ぶと、お金を守ることと増やすことの両方が必要なことに気づかされます。
お金を増やす方法として、株やFX,、ネットビジネス、などがあげられます。
ここでいうお金を増やすとは、時間や労働と引き換えに得る代価ではなく、お金がお金を増やすという意味です。
お金を守る方法として、貯金や節約などが挙げられます。
また、資産が1千万円以上あるなら1千万円ごとに銀行を分けて元本が保証されるように手を打つことなどもその1つです。

 

お金を増やすこととお金を守ること、そのどちらもできるようになる必要があります。
先ほど言っていたお金持ちですが、お金持ちレベルなら比較的簡単になれます。
中の上以上の企業に定年退職まで勤めて、浪費をしなければ良いだけです。
定年を迎えるころには貯金も数千万円になっていることでしょう。

 

しかし、それは使うことのできないお金です。
収入を生まないただの貯金なので使うとどんどん減ってしますからです。
年老いてから使い方のわからない、使うあてのないお金を持っている、それが日本のお金持ちのほとんどです。

 

これがお金を守ることが少しうまい人の限界です。
大金持ちになるにはお金を増やす力もつけなければなりません。
お金を増やす力とお金を守る力、その両方をつける必要があります。

 

目指すべきは大金持ち!不労所得を得るには

お金を増やし、お金を守っていても、お金が減る方が多いといずれお金は無くなります。
毎月の支出を収入が上回る環境を作ることが大事です。

 

そして、働かなくてもそれが実現できる状態が究極だと私は考えます。

 

お金がお金を増やす状態になり、お金からの収入だけで生きていけるようになれば究極の状態となり、それこそが大金持ちだと私は考えます。
たくさんお金持っているだけではただのお金持ち。
そうではなく、お金がお金を生む、本物の大金持ちをみなさんも目指しましょう。

 

 

 

次のページ