サラリーマン卒業を決意した社畜がゼロから資産形成をした方法

資産を築くための第一歩は貯金

 

当然ですがお金を貯めるためには貯金しなければなりません。
しかし、お金はつい使ってしまいがちです。

 

お金があればあるだけ使ってしまう人も少なくないと思います。

 

そこで私は貯金の基本ですが、天引き貯金を推奨します。
お金を貯める習慣がない人は天引き貯金をしましょう。

 

貯金の基本は天引き貯金

給料が入ったら毎月一定額の貯金を先にします。
支払いが終わって残った分を貯金するのではなく、一番最初に貯金しましょう。
給料が入ったらすぐに別の貯金専用口座にお金を移動させましょう。
会社で給料口座を分けれるならそれを利用するのが手っ取り早くて良いと思います。
とにかく、強制的にそのお金を使えなくするのがポイントです。

 

一般的には収入の2~3割が貯金の目安です。
収入が多い人や、家賃の支払いがない人はもう少し貯金しても良いでしょう。

 

いきなり大金を得られることはあまりありません。
大金持ちになるためには最初は小さなことからコツコツと始めていかねばなりません。

 

ボーナスはどうすれば良いか

基本は手を付けないのが良いです。
ボーナスが入ったから(入るから)何かに使おう。という思考ではお金持ちはまだ遠いです。
まとまったお金が入ったなら金融商品に変えるなどして運用すると良いでしょう。

 

使うのではなく、増やすために働かすのが先でしょう。
極端な話、増えた分を使っても元金は減りません。
大金持ちは自分の資産を減らさないことに注意を払います。

 

それに、ボーナスは常にもらえるものではありません。
例えば、某電力会社のような安泰と言われていた大企業でも何年も賞与はカットされています。
ボーナスをあてにしてはいけません。

 

お小遣いが入ったと思うのではなく、まとまった資金が手元に来たと考えて、それを何に使うべきかを考えましょう。